クロスビーの室内空間と居住性!広い?狭い?後部座席のリクライニングも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

申込直後に殺到する買取業者の電話連絡を日時指定やメール希望にできるカーセンサーはこちら


2017年の年末に発売されたクロスビー。
クロスビーはハスラーそっくりの外観ですが、軽自動車ではなく普通車です。

車種としてはコンパクトSUVというクラスに分類され、その名通りコンパクトで小さいサイズです。

クロスビーの見た目はコンパクトですが、室内空間や居住性が十分確保されているのでしょうか?
圧迫感はないのでしょうか?

とても気になる疑問ですよね。
この記事を読めば、クロスビーの室内空間や居住性について理解することができます!

スポンサーリンク

クロスビーの室内寸法(室内長・室内幅・室内高)をライバル車と比較!

まず、クロスビーの室内寸法をみてみましょう。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビーの室内寸法

クロスビーの室内寸法は下記となっております。

クロスビーの室内寸法
  • 室内長:2,175mm
  • 室内幅:1,355mm
  • 室内高:1,280mm

ちなみに
クロスビーの外寸はこちらです。

クロスビーの外寸
  • 全長:3760mm
  • 全幅:1670mm
  • 全高:1705mm

室内寸法・外寸は、グレード【ハイブリッドMX/ハイブリッドMZ】による違いはありません。

クロスビーの室内寸法をライバル車と比較

次に、クロスビーとライバル車種と比較しながら室内長・室内幅・室内高を検証していきます。
比較するライバル車として、以下をラインナップしました。

  • コンパクトトールワゴン

    スズキ・ソリオとトヨタ・タンク

  • コンパクトSUV

    トヨタ・C-HRとマツダ・CX-3

  • SUV

    トヨタ・ハリアーとマツダ・CX-5

クロスビーの室内高は?

比較車種の室内高ランキングを見てみましょう

室内高ランキング【比較車種別】
  1. ソリオ:1360mm
  2. タンク:1355mm
  3. クロスビー:1280mm
  4. CX-5:1265mm
  5. ハリアー:1220mm
  6. CX-3:1210mm
  7. C-HR:1210mm

クロスビーはコンパクトSUVとして最高レベルの室内高で1,280mmです。

圧迫感は室内高に大きく左右されると思います。特に後部座席などは顕著に表れます。
ソリオやタンクのコンパクトトールワゴンの室内高(1,355mm)に比べると劣りますが、ハリアーの室内高(1,220mm)よりも高いのはびっくりです。

頭上空間(ヘッドクリアランス)とはとても大事です。
家のリビングでも、頭上が高いほど圧迫感はないですよね。
クルマでも基本は同じです。
家族に大柄な方がいる場合は、なおさら室内高は重要なポイントになります!
クロスビーは頭上空間は十分確保されているので大柄な人も問題ありませんです。

クロスビーの室内長は?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

次に、比較車種の室内長ランキングを見てみましょう

室内長ランキング【比較車種別】
  1. ソリオ:2515mm
  2. タンク:2180mm
  3. クロスビー:2175mm
  4. ハリアー:1965mm
  5. CX-5:1890mm
  6. CX-3:1810mm
  7. C-HR:1800mm

クロスビーの室内長は2,175mmで、これまたコンパクトSUVとしては最高レベルの室内長です。

室内長が長いということは、後部座席に余裕が生まれているということです。
C-HRは、室内長1,800mmでクロスビーより375mmも短いですね。
C-HRは運転席の広さを優先してるので、後部座席の空間はかなり狭くなっています。
それに比べ、クロスビーは後部座席の空間も十分確保されているのです♪

クロスビーの室内幅は今ひとつ

最後にに、比較車種の室内幅ランキングを見てみましょう

室内幅ランキング【比較車種別】
  1. CX-5:1540mm
  2. タンク:1480mm
  3. ハリアー:1480mm
  4. C-HR:1455mm
  5. CX-3:1435mm
  6. ソリオ:1420mm
  7. クロスビー:1355mm

クロスビーの室内幅は1,355mmで他のコンパクトSUVと比べると100mmほど短くなっており最下位です。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

後部座席で大人が3人座ると少しキツク感じると思います。
上の写真は笑ってますが、後部座席に男性1人・女性2人ですが少し窮屈な感じです。


ただ、ヘッドクリアランスや運転席との距離も十分確保されているので、圧迫感はさほどないかもしれません。
クロスビーの室内幅は△です。

クロスビーの室内寸法の総評

運転席・助手席・後部座席のヘッドクリアランスは十分で、圧迫感がなく運転できます。
全長も十分で、後部座席の窮屈感はないしょう。
ただ、室内幅が少し短めですので、男性3人が後部座席に乗ると少しキツク感じるかもしれません。

スポンサーリンク

クロスビーの室内空間と居住性【運転席と後部座席】

つづいて、クロスビーの運転席・助手席と後部座席それぞれの室内空間から、居住性についてみてみましょう。

運転席・助手席の居住性

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

充分な室内高がゆったり感を演出してくれます。
運転席の目線が高く、見晴らし・視界が良好なので快適に運転できるのも嬉しいポイントです。
シートリフター・スライド上下とで前後に座席を調整できるので、ちょうどよい座席位置を調整することが出来ます。
シートは柔らかめです。これは好みが別れるところかもしれませんが、筆者は柔らかめが好みです。

シートヒーターの場所

また、運転席/助手席のみシートヒーターが標準装備されているのも嬉しいポイントです。これで、寒い冬でもお尻は暖かいでしょう!
後部座席にシートヒーターがないのが残念です。

後部座席の居住性

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

室内長が長く、後部座席の居住性が抜群に良いのがクロスビーです。
運転席との距離も確保されており、足元が窮屈に感じることはまずありません。
但し、室内幅はやや短いので、大人3人が横に並ぶと窮屈に感じるかもしれません。
大人3人が後部座席に座るシーンが多い方は、他車も検討して良いでしょう。

クロスビーの乗降り・ドア

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビーは運転席と後部座席ともに、乗降時も頭を低くかがめなくても、乗り降りできます。
天井に頭をぶつけて、『あ、痛ッ』となるあるあるは少なくて済むでしょう。
しかし、ステップ高がやや高めなので幼児やご年配の方には補助が必要な時があるかもしれません。
そこは試乗等で慎重に確認しましょう。
また、ドア3段階オープンで1段階目は開き幅を少なめに設定されています(スライドドアではありません)

スポンサーリンク

クロスビーの後部座席のリクライニングとシートアレンジ

クロスビーは後部座席の動きが充実しており、快適性がアップしております。

後部座席のシートスライド

後部座席のシートの位置をスライドし、調整できる機能を標準装備しています。
運転席や助手席ができるのは当たり前ですが、後部座席でもそれが実現できます。
特筆すべきは、シートのスライド幅です。運転席並みに後部へスライドすることができます。
クロスビーの後部座席のスライド量はなんと最大165mmです。
室内長の長いので、スライド幅も大きくできるのでしょう。

後部座席のリクライニング

更にクロスビーは後部座席もリクライニングできる珍しい車種なのですが、
リクライニングする幅は少しだけです。
スライドする量比べると雲泥の差がありますが、少しリクライニングするだけでも態勢を変える効果はあるので重宝するかもしれません。
ただ、ほんのちょっぴりなのでオマケ程度に思っていた方が良いでしょう。

クロスビーのシートアレンジ!リラックスモード

クロスビーはフロントシートを目一杯後ろに倒して、リアシートとくっつけて足を延ばすことができる
リラックスモードというシートアレンジもあります。
疲れた時のひと休みに嬉しい機能です。

スポンサーリンク

クロスビーの室内空間と居住性まとめ

いかがでしたでしょうか?

もう一度、クロスビーの室内空間や居住性について振り返ってみましょう!

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビーの頭上空間

クロスビーは、コンパクトSUVとしては最高レベルの室内高を確保しており、
頭上空間(ヘッドクリアランス)は十分です。
快適に運転できますし、同乗者の家族も快適にドライブを楽しむことができます。

クロスビーの居住性

クロスビーの室内長も、コンパクトSUVとしては最高レベルです。
後部座席と運転席の間も十分確保されており、圧迫感はなく乗れます。
ただし、室内幅がやや短いので大人3人が後部座席にすわるとやや窮屈に感じるかもしれません。

クロスビーの後部座席の機能アレコレ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビーの後部座席はスライドすることができます。
スライド量も驚きの最大165mmです。
これはかなりのプラスポイントになると言えます。
あと、後部座席のリクライニング機能もあるのですが、ほんのちょっぴりリクライニングするだけですのでオマケ程度に思っておきましょう。

総まとめ

クロスビーは、コンパクトSUVとしてダントツの室内空間を確保しています。
後部座席の室内空間と居住性でコンパクトSUVを選ぶならクロスビーの一択と言ってもいいでしょう。
ただ、室内幅がやや短いのでそこだけが難点です。

ここまでお読み頂き、有難うございました!
以上、『クロスビーの室内空間や居住性』についての記事でした。

クロスビーが値引き金額から、更に35万円安くなる裏ワザとは?

クロスビーがほしい!

クロスビーは、6速オートマ直噴ターボエンジンと低燃費のマイルドハイブリッドとの合わせ技でグンを抜く加速力を実現し、街乗り・高速・雪道走行も申し分ありません。

パドルシフトでミッション気分も味わえちゃいます。

クロスビーは、見た目はコンパクトでオシャレなのに、多彩なシートアレンジで車中泊もそつなくこなすニクイ奴。

でも、いざ買うとなると…

 

など、クロスビーの購入を検討しているけど悩みが尽きない...

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず無料一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず無料一括査定サイトを使う」 これが最初のステップです。

無料一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

そして、次のステップは
「査定を全て同じ日にまとめること」です。

査定を全て同じ日にまとめると、買取業者同志のさらなる競り合いが生まれ、高額査定につながるのです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもあったりします。

  • 下取りは無料一括査定サイトを使う
  • 査定日を全て同じ日にまとめる

この2つがポイントです。

とはいえ…


「申込むと電話が殺到するの?」
「どんな流れで売却されるの?」

など、車一括査定の疑問や不安もありますよね。
詳細をまとめましたので、まずはこちらをどうぞ♪

車一括査定が何者かわかったところで、ランキングをどうぞ!

無料一括査定の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 カーセンサー

買取業者数  1000社以上

大手業者数  7社

最大査定数  30社

業者選択   

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約2分

特徴

カーセンサーは買取業者数が圧倒的に多く、大手業者とも数多く提携しています。
でも、僕がいち押しの理由は買取業者との連絡を電話ではなく日時指定やメール希望にできる点です。

任意項目の連絡希望時間帯の欄にメール連絡希望と入力すればOK!

自分のペースで査定が行えるのはスゴイ魅力ですね。
他の一括査定業者でこれをやっているところは見たことがありません。
昔からCMも流れている老舗で、利用者数も12万人の安心感もあります。

ランキング2位 ユーカーパック(UcarPAC)

買取業者数  5000社以上

大手業者数  0社

最大査定数  

業者選択   ×

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約1分

特徴

イメージキャラクターとしてモデルのローザを起用しているユーカーパックは、カーオークション形式での一括査定です。
電話のやり取りも実査定もたったの1回だけで済むが最大の特徴。
提携業者数も5000社以上と非常に多いですが、大手業者との提携はありません。
オークション形式なので、買取業者と直接交渉ではきません(査定日も同じ日にまとめるという技も使えません)

でも、ディーラ下取りよりは高くなりやすいので、初めて買取サービスを利用する人や業者との電話が苦手な人にはおススメです。

ランキング3位 楽天オート

買取業者数  100社以上

大手業者数  7社

最大査定数  10社

業者選択   

利用者数   15万人(2016年)

申込時間   約3分

特徴

楽天オートはポイントが貰えます。
申込して5ポイント
成約したら1500ポイント
です。
どうせ同じような買取業者に査定依頼をするなら、ポイントがもらえた方がお得です。
15万人利用している楽天グループということも安心材料ですね。

※ここでの大手事業者は下記の7社としました。
ビッグモーター、ガリバー、ラビット、アップル、カーセブン、ユーポス、カーチス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る