クロスビーの実燃費と燃費向上ポイント!スズキ燃費問題は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

申込直後に殺到する買取業者の電話連絡を日時指定やメール希望にできるカーセンサーはこちら


スズキの新型コンパクトSUVのクロスビーですが、車体サイズからレジャー利用だけでなく、普段使い中心の人でも購入を検討している人はいると思います。

燃費は車の維持費に直結するところでもありますので、実際どれくらいなのか気になっているのではないでしょうか?

クロスビー所持者の筆者が、クロスビーの燃費についていろいろとご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

クロスビーのカタログ燃費と実燃費を検証!

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

気になるクロスビーのカタログ燃費と実燃費を検証したいと思います。

クロスビーのカタログ燃費

まず、クロスビーのカタログ燃費から見ていきましょう。

クロスビーには2WDと4WDの2つのモデルがあり、それぞれでカタログ燃費が少し異なってきます。

カタログで見てみると、 2WDで22.0km/L、4WDで20.6km/L (JC08モード)となっており、フルハイブリッド車に比べると少し物足りなさは否めません。

クロスビーのエンジンは マイルドハイブリッド という「減速時のエネルギーを利用して発電し、加速時には、その電力を活かしてエンジンをアシストすることで さらなる燃費の向上を実現する」というシステムを採用しています。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

いわゆるハイブリッドエンジンとは何が違うの?と思われるでしょうが、簡単に説明するとプリウスやアクアなどに搭載されているエンジン(フルハイブリッド)は電動機(モーター)のみで自走可能というところがマイルドハイブリッドとの違いです。

このため、マイルドハイブリッドは導入コストが安いため、車の価格を抑えられるという長所がある一方で、燃費や排ガスの削減はフルハイブリッドには劣るという短所があります。

よって、マイルドハイブリッドエンジンを搭載しているとはいえ、フルハイブリッドの車に比べると「燃費が劇的に良い!」というわけではありません。

クロスビーの実燃費

次は、クロスビーの実燃費です。

筆者が今乗っている4WDモデルのクロスビーの燃費はエアコンを使わなくて15km/L、エアコンをガンガン使って13km/Lほどですので、平均して14km/Lくらいです。

高速道路重視で渋滞につかまらなければ16km/L近くになることもありました。

街乗りやスポーツモードで走ったりすると、簡単に12~13km/Lくらいの数値になってしまいます。

また、みんカラでの 平均は14.89km/L とでした。

なおアイドリングの設定は標準となっていますので、燃費重視にするともう少し良くなるかも知れません。

このアイドリング設定については後ほど触れたいと思います。

スポンサーリンク

スズキ燃費問題 クロスビーは大丈夫!?

引用:http://saiyo.suzuki.co.jp/graduate

国内自動車メーカーはの燃費改ざん問題について触れていきます

2016年の国内自動車メーカーの燃費改ざん問題

2016年に世間を騒がせた国内自動車メーカーの燃費改ざん問題を覚えていますか?

クロスビーを作っているスズキも名前が挙がっていたため、燃費の数値については「大丈夫なの?」と不安に思っている人もいるのではないでしょうか?

実は、スズキ自動車は実際に正しい測定方法で再計測を行ったところ、 なんとカタログよりも燃費数値が高く、良い測定結果 となってしまったということが話題になったんです。

スズキは燃費不正で指摘された該当車種を、通常屋外で車を走らせ走行抵抗値を測定するところ、屋内の風洞試験室にて空気抵抗やタイヤやブレーキなどの走行抵抗値を割り出して試験をした、つまりは実際に走行ししないで計測を行ったということだったようです。

本来の燃費の測定方法は、実際の運転状況と同じ環境下で測定され、エンジンも温まってない状態での走行も燃費電帯の25%分に加算され、スピードも80km/hを最高速度にして、実際に約8kmの距離を走行することで測定します。

燃費不正を指摘されて、この本来の測定方法で測定しなおしたところ、カタログ燃費よりも実燃費の方が良いという前代未聞の事件となったのです。

インターネット上では、実燃費の方が結果が良かったということもあり、あまり悪質なものとは捉えられずに、「むしろスズキの株が上がった」という見方をする人もいました。

2018年のスズキの燃費報告ミス問題

2018年8月にスズキの湖西、相良、磐田の四輪各工場を対象に、燃費・排ガスの抜取検査に関し検査成績書や測定装置に残されているデータについて、関係者へのヒアリングを含め調査を実施したところ、排出ガス・燃費試験のモードに合わせられず車速が規定の範囲から逸脱し、その逸脱時間が許容範囲を超えた(トレースエラー)ため本来無効とすべき試験結果を、有効なものとして処理した事案があることが判明しました。

今回の件を受けて、スズキでは、諸元値に対し一定の余裕を持った管理基準値を定め、抜取試験の平均値が管理基準値を満たすことを確認しており、 今回の問題による量産車の排出ガス・燃費への影響はない としています。

せっかく株が上がったのにまたしても燃費について問題が出たのは残念ですね。

クロスビーのリコールについて

今後リコール等が発生するか?という心配もあると思いますが、私のクロスビーは走行距離10,000㎞を突破しましたが、今のところ不具合は出ていません。

新型車などではリコールが出ることもよくあり、油断はできませんので、今後のディーラーからの情報には注意しておきたいと思います。

スポンサーリンク

クロスビーの燃費向上ポイント

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

クロスビーの燃費向上に直結するポイントと燃費改善の手助けになるポイントをご紹介します。

燃費向上に直結するポイント

私が3月からクロスビーを運転していて、燃費に直結したなと思うのは エアコンの使用の有無 です。クーラーを付けているかつけていないかで2km/Lほど燃費が変わっています。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

また、私の場合、レジャー使用などでアイドリング状態にしたままでいることが多いので、これも燃費計の数字の悪化を招いていると思います。

燃費改善の手助けになるポイント

クロスビーを運転するにあたって、燃費改善の手助けになるものが2つあります。

1つはメーター近くの緑の エコランプ です。

アクセルの踏み具合や、エンジンの回転数に合わせて点灯し、転倒していると燃費運転ができているという印になります。

もう1つは アイドリングストップの設定を変更 するというものです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

これはアイドリングストップするタイミングと、アイドリングストップからエンジンが再始動するタイミングを、3つのモードから選べるというものです。

設定はマルチインフォメーションディスプレイで簡単に行なうことができます。

実際に標準モードから燃費重視モードに変えてみたところ、1回の停止時のアイドリングストップの時間が長くなりました。

この2つをうまく使いながら運転すると、燃費向上が期待できるのではないでしょうか?

クロスビーはエンジン停止時に燃費運転についての採点が出ますので、ここで良い点数を取ると少し嬉しい気持ちになりますよ。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

スポンサーリンク

クロスビーの燃費 まとめ!

ここまで、実際に乗ってみての数字なども踏まえて書いてみましたがどうでしたか?

実のところ、クロスビーの燃費はものすごくいいと言えるものではないと思います。

街乗りやスポーツモードで走ったりすると、簡単に12~13km/Lくらいの数値になってしまいます。

しかし、普段使いだけでなくレジャーにも使える「楽しめる車」であることを考えれば、十分な数値ではないかと私は思います。

私は今まで乗ってきた車に比べるとかなり燃費が良いと思える数字なので、クロスビーの燃費には特に不満はありません。

先日、高速道路メインで遠出したときには、キャンプ道具満載でしたが、16km/L近くまで燃費が良くなったので、思ったよりも給油のタイミングを後にすることができました。

あまり遠出しているときに給油のことが頭にちらつくというのは好ましくないですからね。

350kmほど連続で走れるようであればバイクと特に変わりがないので良いかな?と思っています。

このオールマイティな車の販売価格を抑えるために、フルハイブリッドではなくマイルドハイブリッドにしたのかな?と今回記事を書くにあたり調べていて思いました。

燃費問題の1件もありましたし、発売してまだ1年が経っていないため、今後のリコールなども含めて注目していきたいところですね。

クロスビーが値引き金額から、更に35万円安くなる裏ワザとは?

クロスビーがほしい!

クロスビーは、6速オートマ直噴ターボエンジンと低燃費のマイルドハイブリッドとの合わせ技でグンを抜く加速力を実現し、街乗り・高速・雪道走行も申し分ありません。

パドルシフトでミッション気分も味わえちゃいます。

クロスビーは、見た目はコンパクトでオシャレなのに、多彩なシートアレンジで車中泊もそつなくこなすニクイ奴。

でも、いざ買うとなると…

 

など、クロスビーの購入を検討しているけど悩みが尽きない...

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず無料一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず無料一括査定サイトを使う」 これが最初のステップです。

無料一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

そして、次のステップは
「査定を全て同じ日にまとめること」です。

査定を全て同じ日にまとめると、買取業者同志のさらなる競り合いが生まれ、高額査定につながるのです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもあったりします。

  • 下取りは無料一括査定サイトを使う
  • 査定日を全て同じ日にまとめる

この2つがポイントです。

とはいえ…


「申込むと電話が殺到するの?」
「どんな流れで売却されるの?」

など、車一括査定の疑問や不安もありますよね。
詳細をまとめましたので、まずはこちらをどうぞ♪

車一括査定が何者かわかったところで、ランキングをどうぞ!

無料一括査定の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 カーセンサー

買取業者数  1000社以上

大手業者数  7社

最大査定数  30社

業者選択   

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約2分

特徴

カーセンサーは買取業者数が圧倒的に多く、大手業者とも数多く提携しています。
でも、僕がいち押しの理由は買取業者との連絡を電話ではなく日時指定やメール希望にできる点です。

任意項目の連絡希望時間帯の欄にメール連絡希望と入力すればOK!

自分のペースで査定が行えるのはスゴイ魅力ですね。
他の一括査定業者でこれをやっているところは見たことがありません。
昔からCMも流れている老舗で、利用者数も12万人の安心感もあります。

ランキング2位 ユーカーパック(UcarPAC)

買取業者数  5000社以上

大手業者数  0社

最大査定数  

業者選択   ×

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約1分

特徴

イメージキャラクターとしてモデルのローザを起用しているユーカーパックは、カーオークション形式での一括査定です。
電話のやり取りも実査定もたったの1回だけで済むが最大の特徴。
提携業者数も5000社以上と非常に多いですが、大手業者との提携はありません。
オークション形式なので、買取業者と直接交渉ではきません(査定日も同じ日にまとめるという技も使えません)

でも、ディーラ下取りよりは高くなりやすいので、初めて買取サービスを利用する人や業者との電話が苦手な人にはおススメです。

ランキング3位 楽天オート

買取業者数  100社以上

大手業者数  7社

最大査定数  10社

業者選択   

利用者数   15万人(2016年)

申込時間   約3分

特徴

楽天オートはポイントが貰えます。
申込して5ポイント
成約したら1500ポイント
です。
どうせ同じような買取業者に査定依頼をするなら、ポイントがもらえた方がお得です。
15万人利用している楽天グループということも安心材料ですね。

※ここでの大手事業者は下記の7社としました。
ビッグモーター、ガリバー、ラビット、アップル、カーセブン、ユーポス、カーチス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る