クロスビーの年間維持費は?税金と排気量・燃費・メンテナンス費など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

申込直後に殺到する買取業者の電話連絡を日時指定やメール希望にできるカーセンサーはこちら


2017年12月25日に発売されてから、まだ1年も経っていないスズキの新型車であるクロスビー。

乗ってみたいと思っているユーザーは多いかと思います。

ですが、 気になるのはお金の問題ですよね……

本体価格などは発表されていて知ることができますが、 維持費 はどうなっているのでしょうか。

ということで、今回は気になる クロスビーの維持費 について紹介していきます!

スポンサーリンク

クロスビーの税金と排気量

ここではクロスビーを維持する上でかかる税金について見ていきましょう。

クロスビーにかかる税金、つまり車にかかる税金は 自動車税と自動車重量税 の2つですね。

排気量と自動車税

まず、自動車税ですが、クロスビーは全グレードの排気量が996ccなので、どのグレードでも排気量1000cc以下の自動車税の区分になります。

排気量1000cc以下の自動車税は29,500円となるので、年間で3万円弱の税金を納める必要があります。

車両の重量と自動車重量税

次に、クロスビーの自動車重量税を考えてみましょう。

自動車重量税がいくらかかるかは、文字通り車両の重量によります。

そこで、クロスビーのグレード・駆動方式別の車両重量を以下にまとめました。

グレード・駆動方式別の車両重量
  • HYBRID MX(FF):960kg
  • HYBRID MX(4WD):1000kg
  • HYBRID MZ(FF):960kg
  • HYBRID MZ(4WD):1000kg

この車両重量のまとめから分かる通りに、クロスビーはどのグレードでも車両重量1000kg以下です。

ですから、クロスビーは1000kg以下の税額となり、自動車重量税は16400円となります。

自動車重量税は車検の度に納税するので、2年間で16400円となり、1年あたり8200円となります。

(今回は便宜上13年未満、つまり車検証の初度登録年月に記載された年月から、12年10ヶ月以内の自動車ということで計算しました)

1年あたりの税金まとめ

クロスビーにかかる1年あたりの税金をまとめると以下のようになります。

1年あたりの税金

自動車税(2万9500円) + 自動車重量税(8200円) = 37700円

ここまでの内容を見て、「あれっ? エコカー減税は適用されないの?」と思った方がいるかもしれません。

残念なことに クロスビーにはエコカー減税が適用されないのです……

スズキ公式サイトのこちらのページを見ると、クロスビーがエコカー減税の対象車ラインアップに入っていないことが分かります。

軽自動車でなく普通車のエコカー減税の対象車ラインアップに、イグニスやスイフトなどは入っているのですが……

悲しいことにクロスビーは入っておりません。

「クロスビーがエコカー減税対象である」という情報を見かけましたが、クロスビーはエコカー減税対象外なのでお気をつけてください。

スポンサーリンク

クロスビーの燃費

税金の次は1年間でかかる燃料代を考えてみましょう。

色々なところからの声を聞くと、クロスビーの燃費は1リッターあたり15km~20kmくらいのようです。

乗り方、走る場所、季節などによって燃費は上下しますが、1リッターあたり15kmくらいは最低限走ってくれるようです。

燃費をみたところで、実際にかかるガソリン代を計算していきましょう。

1年間の走行距離が1万km、燃費を1リッターあたり15kmとした場合、約667リットルのガソリンを使うことになります。

2018年9月現在、レギュラーガソリンの価格は1リットルあたり約145円なので、667リットルのレギュラーガソリンを買った場合96715円となります。

年間の燃料代の計算式にまとめると以下のようになります。

年間の燃料代
  • リッター15kmで試算(こっちがノーマル)

    年間走行距離(10000km) ÷ 燃費(15km) × ガソリン価格(145円) = 約96715円

  • リッター20kmで試算(燃費節約した場合)

    年間走行距離(10000km) ÷ 燃費(20km) × ガソリン価格(145円) = 72500円

以上のことを考えると、 1年間にかかるガソリン代は大体10万円弱 となります。

燃費の良い走り方をすれば、7万円くらいになるかもしれません。

エコカーのガソリン代と比べると、どうしても高くつきますね……

ただ、決して燃費の悪い車ではないので、クロスビーは不経済な車ではないと思います。

ですから、「エコカーは気が進まないけど燃費が悪いのも嫌だ」という人にクロスビーはあっているかもしれません。

スポンサーリンク

クロスビーの保険料

クロスビーにおける強制保険と言われる 自賠責保険と任意の自動車保険 の2つの保険料を考えてみましょう。

自賠責保険料

まず、自賠責保険料ですが車検の度に加入するということで、今回は2年ごとに加入することを想定して計算すると……

2年間(24ヶ月分)あたりの自賠責保険料が25,830円となるので、 1年間あたり12915円 になります。

任意の自動車保険

次に任意の自動車保険を考えてみましょう。

今回はアクサダイレクトの「保険料スピード診断・お見積り」というこちらのページを使って、クロスビーではどのくらいの保険料がかかるかシミュレーションしてみました。

シミュレーションの条件は以下の通りです。

保険料シミュレーションの条件
  • 保険の種類:自動車保険
  • ご年齢:28
  • お住まいの都道府県:東京
  • 運転免許証の色:ゴールド
  • お車の排気量:661cc以上~1500cc以下
  • 年間予想最大走行距離:5000km以上10000km未満
  • 現在のノンフリート等級:初めて加入する

気になるシミュレーションの結果は以下の通りです。

年間の概算保険料(タイプ別)
  • エコノミータイプ(車両保険なし):39980円
  • スタンダードタイプ(「車対車+A」車両保険付):55040円
  • フルカバータイプ(一般車両保険付):70800円

※スタンダードとフルカバーにかっこ書きで書いてある内容については、以下のURLをご覧ください。

「車対車+A」車両保険付について

一般車両保険付について

シミュレーション結果をみると、 年間約4万円から7万円の保険料 を支払う必要があるようです。

もちろん自賠責保険と違って、任意の自動車保険なので加入しないという選択もあるでしょう。

ただ、自賠責保険だけだと事故を起こしてしまったときにかかる金額を払いきれないことがあります。

また、事故の状況によっては補償の対象外になることもあるので、特別な理由がない限り任意の自動車保険にも加入しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

クロスビーのメンテナンス費

クロスビーを乗っている上で発生するメンテナンス費用を考えてみましょう。

メンテナンス費用がかかるものというのは、使っているうちに劣化してしまって交換する必要があるものですね。

主に費用のかかるものとその解説を以下にまとめました。

※年間走行距離が1万kmという想定で解説しています

タイヤの交換

タイヤ1本の価格が安くて5000円なので、タイヤ4本を用意するだけで2万円はかかります。

工賃がタイヤ廃棄やタイヤのバランス調整も含めて、安くて7000円くらいかかります。

1年間あたり タイヤ交換には合計で3万円くらい かかる計算になります。

エンジンオイルとオイルフィルターの交換

エンジンオイルの値段が3000~5000円くらいなので、1年間で2回交換するとして年間6000~1万円くらいになります。

また、オイルフィルターが1000円~2000円くらいなので、2年に1度交換するとしたら年間500~1000円くらいになります。

オイルとそのフィルターの交換の工賃なのですが、交換してもらう場所によって全く違ってきます。

今回はディーラーで交換してもらうということにして計算すると……

オイルとフィルターの工賃を両方合わせて5000円くらいになります。

まとめると、1年間あたり オイルとそのフィルターの交換には約1万円~1万5000円 かかることになります。

ブレーキのオイルとパッドの交換

まず、ブレーキオイルを交換しようとすると、ディーラーで交換してもらった場合1万円くらいかかるそうです。

カー用品店だと半額くらいになるようです。

次にブレーキパッドの交換は、ディーラーだと4~5万円くらいで、カー用品店だと2~3万円くらいのようです。

ブレーキのオイルもパッドも交換は2年に1回くらいでOKのようなので、 年間だとオイルとパッド合わせて5万円 くらいになるでしょう。

メンテンナンス費のまとめ

主に費用のかかるものだけでも、ざっと年間で10万円くらいになります。

そして、これら以外に車検代がメンテナンス費用としてかかります。

クロスビーはディーラーで車検を行うと8~10万円くらいかかるようです。

また、整備工場やカー用品店で車検を行うと2万円ほど安くなるようです。

車検を受けるまでの期間ですが、初回車検は新規登録から3年経ってから行います。

2回目以降は2年ごとに行うので、初回と2回目以降では1年間あたりにかかる費用が変わってきます。

車検に10万円かかるとした場合、1年間あたりにかかる費用ですが、初回は約3万3000円、2回目以降では5万円かかる計算になります。

ですから、部品交換や車検の代金を合わせると、 総メンテナンス費は年間15万円 くらいかかります。

スポンサーリンク

クロスビーの年間維持費

最後に、今まで紹介したクロスビーで1年間あたりかかる維持費をみてみましょう!

1年間あたりの各維持費
  • 税金:37700円
  • 燃料代:96715円

    ※)燃費1リッターあたり15kmと仮定

  • 自賠責保険:12915円
  • 任意の保険:70800円
  • 部品交換:10万円
  • 車検代:3万円

    ※)2回目以降の車検と仮定。自賠責と重量税の代金を除く

上記の各費用を合計すると、 348130円 になります。

ただ、この計算は維持費が高くなるように計算したので……

ディーラーでなくカー用品店で部品交換したり、燃費が良くなるように走ったりすれば、5~10万円くらい安くできるかもしれません!

ですから、 クロスビーの年間維持費は25~35万円 ということになります。

維持費に年間25~35万円かかるとなると結構な出費になるかと思います。

ですが、この出費を出し惜しみすると大変なことになるでしょう……

例として以下のようなことが考えられます。

出費を出し惜しみして困る例
  • 保険料が高いから自賠責保険のみで済まして、実際に事故にあったときに自賠責保険だけでは支払いが足りなかった
  • 問題なく走るからオイル交換をしなかったら、エンジンのパワーが下がってしまった
  • 安い部品を使ったら品質が悪くて、かえって高くついてしまった

このように、お金と手間を惜しんで、しなければならないことをしないと後々ひどいことになります……

「車にお金をかけまくれ」というわけではありませんが、最低限のお金と手間はかけるようにしましょう。

クロスビーが値引き金額から、更に35万円安くなる裏ワザとは?

クロスビーがほしい!

クロスビーは、6速オートマ直噴ターボエンジンと低燃費のマイルドハイブリッドとの合わせ技でグンを抜く加速力を実現し、街乗り・高速・雪道走行も申し分ありません。

パドルシフトでミッション気分も味わえちゃいます。

クロスビーは、見た目はコンパクトでオシャレなのに、多彩なシートアレンジで車中泊もそつなくこなすニクイ奴。

でも、いざ買うとなると…

 

など、クロスビーの購入を検討しているけど悩みが尽きない...

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず無料一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず無料一括査定サイトを使う」 これが最初のステップです。

無料一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

そして、次のステップは
「査定を全て同じ日にまとめること」です。

査定を全て同じ日にまとめると、買取業者同志のさらなる競り合いが生まれ、高額査定につながるのです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもあったりします。

  • 下取りは無料一括査定サイトを使う
  • 査定日を全て同じ日にまとめる

この2つがポイントです。

とはいえ…


「申込むと電話が殺到するの?」
「どんな流れで売却されるの?」

など、車一括査定の疑問や不安もありますよね。
詳細をまとめましたので、まずはこちらをどうぞ♪

車一括査定が何者かわかったところで、ランキングをどうぞ!

無料一括査定の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 カーセンサー

買取業者数  1000社以上

大手業者数  7社

最大査定数  30社

業者選択   

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約2分

特徴

カーセンサーは買取業者数が圧倒的に多く、大手業者とも数多く提携しています。
でも、僕がいち押しの理由は買取業者との連絡を電話ではなく日時指定やメール希望にできる点です。

任意項目の連絡希望時間帯の欄にメール連絡希望と入力すればOK!

自分のペースで査定が行えるのはスゴイ魅力ですね。
他の一括査定業者でこれをやっているところは見たことがありません。
昔からCMも流れている老舗で、利用者数も12万人の安心感もあります。

ランキング2位 ユーカーパック(UcarPAC)

買取業者数  5000社以上

大手業者数  0社

最大査定数  

業者選択   ×

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約1分

特徴

イメージキャラクターとしてモデルのローザを起用しているユーカーパックは、カーオークション形式での一括査定です。
電話のやり取りも実査定もたったの1回だけで済むが最大の特徴。
提携業者数も5000社以上と非常に多いですが、大手業者との提携はありません。
オークション形式なので、買取業者と直接交渉ではきません(査定日も同じ日にまとめるという技も使えません)

でも、ディーラ下取りよりは高くなりやすいので、初めて買取サービスを利用する人や業者との電話が苦手な人にはおススメです。

ランキング3位 楽天オート

買取業者数  100社以上

大手業者数  7社

最大査定数  10社

業者選択   

利用者数   15万人(2016年)

申込時間   約3分

特徴

楽天オートはポイントが貰えます。
申込して5ポイント
成約したら1500ポイント
です。
どうせ同じような買取業者に査定依頼をするなら、ポイントがもらえた方がお得です。
15万人利用している楽天グループということも安心材料ですね。

※ここでの大手事業者は下記の7社としました。
ビッグモーター、ガリバー、ラビット、アップル、カーセブン、ユーポス、カーチス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る