スズキ・クロスビー(XBee)の試乗レポート!乗り心地や性能は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

申込直後に殺到する買取業者の電話連絡を日時指定やメール希望にできるカーセンサーはこちら


2017年12月に発売となったスズキの新型クロスビー。 テレビでもCMを目にすることがあり、どんな車なのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

最近はユーザーへのデリバリーも追いついてきたようで、街中で見かけることも増えてきましたね。

今、スズキが推している車種の1台とも言えるクロスビーですが、購入を検討するときにはある程度の情報が欲しいと思います。

そんな クロスビーに実際乗ってみて、どうだったのか 感想を書いてみますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クロスビーの乗り心地・加速性能・安全性

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/styling/img/img09.jpg

「乗り心地」というものをどう評価するかは人それぞれですが、クロスビーを選ぶ人はスポーツ走行やハンドリングよりも、シートの座り心地や運転していての疲労感が気になるのではないかと思います。

クロスビーの乗り心地

クロスビーを運転して感じたのは 「サスペンションが柔らかいなぁ」 ということです。

足回りが柔らかいということは、道路の段差などの衝撃が和らぐという利点があります。

実際に乗ってみて、少々の段差や砂利道程度では腰にくるような衝撃はほとんどなく、うまく衝撃を吸収しているなと感じます。

この優しい乗り心地は長距離運転においても疲労感をあまり感じさせないのではないでしょうか。

ただし、足回りが柔らかいということにはデメリットもあります。

足回りが柔らかい=カーブでロールしやすい という点です。

クロスビーに乗っていて、カーブにそれなりの速度で侵入すると少しアウト側にふられる感じがあります。

しっかりと減速していればそこまで問題にはなりませんが、急カーブが連続するような山道では気になってくる人もいるでしょう。

また、この足回りの柔らかさは高めの車高とあいまって、高速走行時に巡航速度が高くなってくるとフワフワした接地感になってくるかもしれません。

クロスビーの加速性能

「加速性能」に関してはこのクラスでは十分 なものがあると感じました。

1.0L直噴ターボのエンジンは最高出力99psとコンパクトカーとしては標準的なパワーとなっています。

ここにスズキ車の特徴でもある軽い車体(クロスビーだと960~1000kg)があわさると普段使いではまず加速に不満を持つことはないでしょう。

乗ってみたのは4WDモデルでしたが、青信号になってからの発進はスムーズでしたし、少しアクセルを踏み込んでみるとグッとトルク感のある加速をしてくれました。

制限速度+10km/hほどの速度域であれば、高速道路での合流や追い越しでも特に不安を感じることはなさそうです。

クロスビーの安全性

「安全性」について言及すると、スズキのセーフティーサポート(MZでは標準装備)によって、車から色々なサポートを受けることができます。

クロスビーに搭載されているセーフティーサポートの内容は以下のようになります。

全方位モニターに関しては対応しているナビを選ぶ必要がありますのでご注意ください。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/safety/img/img04.gif

エアバッグについては、運転席・助手席エアバッグが全車標準装備、フロントシートSRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグはHYBRID MZとHYBRID MX スズキ セーフティ サポートパッケージ装着車に標準装備されており、最大6つのエアバッグがいざというときに作動してくれます。

そのほかにも、目視できない助手席側前輪付近の障害物を、ドアミラーの角度を変えずに確認できるサイドアンダーミラー付ドアミラーや、車両盗難抑制装置などの安全装備がついており、スズキの安全性に対する取り組みがふんだんに盛り込まれています。

スポンサーリンク

クロスビーのスペック

MZモデルの主要諸元表をもとにクロスビーのスペックを紹介していきます。

エンジンスペック

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/performance_eco/img/img02.jpg

99PSの直列3気筒直噴ターボエンジンに3.1PSのモーターを合わせたマイルドハイブリッドエンジンを使用しています。

試乗したときの感想としては、ターボと回生エネルギーのおかげで低回転域からしっかりとした加速をしてくれます。

試乗したのは4WDモデルでしたが、全てのタイヤを使っての力強い加速を感じました。

一般的な仕様であれば下道でも高速でもパワー不足を感じることはないと思います。

高速道路でものすごく飛ばしている車の後ろについていく…という状況くらいにならないとパワー不足と思うことはないでしょう。

燃費は2WDで22.0km/L、4WDで20.6km/L(JC08モード)となっており、フルハイブリッド車に比べると少し物足りなさは否めません。

実際に使用すると4WDモデルで13~15km/Lほどになるのではないでしょうか?

ある程度の走行性能を兼ね合わせるため燃費の面は仕方ないのかもしれません。

燃料タンクは2WDで32L、4WDで30Lなので航続距離は400㎞前後になりそうですね。

これは少し短いと思われますので、今後のマイナーチェンジなどでの改善が待たれます。

クロスビーのガソリンタンク容量は30L!?実燃費と航続距離は?

車体サイズ

車体サイズは、全体的にコンパクトなつくりになっています。

車体サイズ
  • 全長  3,760mm
  • 全幅 1,670mm
  • 全高 1,705mm
  • 最低地上高  180mm
  • 車両重量 960kg(2WD)/1,000kg(4WD)

他社のコンパクトSUVは軒並み全長4m以上ですので、いかに車体が小さいかがわかると思います。

車体はコンパクトですが、車内は広く感じるのでクロスオーバー「ワゴン」とスズキがいうのも納得です。

高い天井と大きな窓、高い視線などによってそう感じるのだろうと思いました。

最低地上高がしっかりととられているのはSUVならではで、少々の悪路なら心配せずに進入していけます。

最小旋回半径は4.7mとかなり小回りが利く 数字になっています。

狭い道などでもあまり不安を感じることはないでしょうし、運転に不安のある人にも安心できる数値です。

実際に乗ってみて、少し狭い道にも入りましたが、特に不安を感じることはありませんでした。

少し心配なのは 軽い車重と高い車高なので、強い横風などには弱いのではないか? ということです。

悪天候での高速走行時などでは少し気を付けなければいけないかもしれません。

スポンサーリンク

クロスビーの試乗ポイント

クロスビーを試乗するのであれば、まず乗る前に外観、そしてシートアレンジなどについて確認してみてください。

可愛らしい見た目からは意外なほど荷物も人も運べるというのがわかると思います。

特にシートアレンジはバリエーション豊かで色々なシーンでの想像が膨らむと思います。

私のおススメは、 前席を倒し切って後部座席とつなげて広々としたソファのような空間 を作り出せるものです。

 

クロスビーのシート!座り心地やシートアレンジ・カバー・ヒーター等

 

次に、走行前にメーターやインパネ周りのボタンの多さ=機能の多さに注目して、どのような機能があるのか販売員の方から説明を受けてみてください。

4WDモデルですと、4つの走行モードなどが付いてきます。

試乗時に試してみることができるのはスポーツモードくらいですが、様々な走行状況に合わせて車が手助けしてくれるというのがわかります。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/performance_eco/img/img14.jpg

メーター横のディスプレイは色々な情報を知ることができますし、アイドリングストップの調整までできます。

このアイドリングストップの調整の違いでどこまで燃費が変化するのかがデータとして気になるところですね。

ディスプレイから得られる情報としては、 ガソリン残量だけでなく、今の残量と平均燃費からあとどれくらい走れるのかがわかるというのが便利 だと感じました。

特にドライブでガソリンスタンドの少ない地域を走っているときにはいつ給油しておくべきかの目安になると思います。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/interior/img/img03.jpg

実際に試乗でクロスビーを走らせるときは、 乗り心地と加速性能を確認 してみてください。

柔らかいシートと柔らかい足回りによる優しい乗り味と、アクセルを踏めばしっかり加速してくれる感覚 は実際に乗ってみないとわかりません。

可能であれば少し路面の荒れたところを走らせてもらって、SUVぽいところを体験してみてもいいと思います。

スポンサーリンク

クロスビーの試乗まとめ

実際にクロスビーに試乗してみて、やはり乗ってみないとわからないことが多いなと思いました。

乗り心地、走行性能、外観・インテリアのデザインや使い勝手、装備されているもの、どれをとってもこのクラスの「遊べる車」としては十分合格点にあると感じます。

運転してみた感想としては好印象のものが多く、特に私のように古い車にずっと乗っていてそろそろ乗り換えを考えている人にとっては、最近の車の快適さと多機能さに驚かされることになると思います。

購入をかなり前向きに検討されている方には2つあるモデルのうち、 HYBRID MZの方をおススメ します。

機会があれば書きたいと思いますが、価格の差と装備の内容の差を考えると「 MZを選ぶ以外に選択肢はない! 」といっても過言ではありません。

2WDと4WDは購入後の使い方で決めるといいと思いますが、燃費と積載力は2WDモデルの方が上となっています。

クロスビー 富士山

逆にアウトドア、特にウィンタースポーツをよくするという方には4WDモデルの方が良いのではないでしょうか? また、試乗後はなるべく好印象をもったという風に伝え、購入を前向きに検討したいという姿勢を見せておくと、販売員の方も色々な面で協力的になってくれると思います。

スズキでも今推している1台だと思いますので、気になる方はお近くの販売店で試乗してみて損はないでしょう。

クロスビーが値引き金額から、更に35万円安くなる裏ワザとは?

クロスビーがほしい!

クロスビーは、6速オートマ直噴ターボエンジンと低燃費のマイルドハイブリッドとの合わせ技でグンを抜く加速力を実現し、街乗り・高速・雪道走行も申し分ありません。

パドルシフトでミッション気分も味わえちゃいます。

クロスビーは、見た目はコンパクトでオシャレなのに、多彩なシートアレンジで車中泊もそつなくこなすニクイ奴。

でも、いざ買うとなると…

 

など、クロスビーの購入を検討しているけど悩みが尽きない...

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず無料一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず無料一括査定サイトを使う」 これが最初のステップです。

無料一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

そして、次のステップは
「査定を全て同じ日にまとめること」です。

査定を全て同じ日にまとめると、買取業者同志のさらなる競り合いが生まれ、高額査定につながるのです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもあったりします。

  • 下取りは無料一括査定サイトを使う
  • 査定日を全て同じ日にまとめる

この2つがポイントです。

とはいえ…


「申込むと電話が殺到するの?」
「どんな流れで売却されるの?」

など、車一括査定の疑問や不安もありますよね。
詳細をまとめましたので、まずはこちらをどうぞ♪

車一括査定が何者かわかったところで、ランキングをどうぞ!

無料一括査定の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 カーセンサー

買取業者数  1000社以上

大手業者数  7社

最大査定数  30社

業者選択   

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約2分

特徴

カーセンサーは買取業者数が圧倒的に多く、大手業者とも数多く提携しています。
でも、僕がいち押しの理由は買取業者との連絡を電話ではなく日時指定やメール希望にできる点です。

任意項目の連絡希望時間帯の欄にメール連絡希望と入力すればOK!

自分のペースで査定が行えるのはスゴイ魅力ですね。
他の一括査定業者でこれをやっているところは見たことがありません。
昔からCMも流れている老舗で、利用者数も12万人の安心感もあります。

ランキング2位 ユーカーパック(UcarPAC)

買取業者数  5000社以上

大手業者数  0社

最大査定数  

業者選択   ×

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約1分

特徴

イメージキャラクターとしてモデルのローザを起用しているユーカーパックは、カーオークション形式での一括査定です。
電話のやり取りも実査定もたったの1回だけで済むが最大の特徴。
提携業者数も5000社以上と非常に多いですが、大手業者との提携はありません。
オークション形式なので、買取業者と直接交渉ではきません(査定日も同じ日にまとめるという技も使えません)

でも、ディーラ下取りよりは高くなりやすいので、初めて買取サービスを利用する人や業者との電話が苦手な人にはおススメです。

ランキング3位 楽天オート

買取業者数  100社以上

大手業者数  7社

最大査定数  10社

業者選択   

利用者数   15万人(2016年)

申込時間   約3分

特徴

楽天オートはポイントが貰えます。
申込して5ポイント
成約したら1500ポイント
です。
どうせ同じような買取業者に査定依頼をするなら、ポイントがもらえた方がお得です。
15万人利用している楽天グループということも安心材料ですね。

※ここでの大手事業者は下記の7社としました。
ビッグモーター、ガリバー、ラビット、アップル、カーセブン、ユーポス、カーチス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る