スズキ・クロスビー(XBee)の安全性!自動ブレーキや横滑り防止機能は?

クロスビー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

申込直後に殺到する買取業者の電話連絡を日時指定やメール希望にできるカーセンサーはこちら


本記事では、昨今話題になっている自動ブレーキシステムや横滑り防止機能といった安全機能についてまとめています。

この記事を読めば、スズキ・クロスビーに搭載されている様々な機能と安全性を知ることができます!

スポンサーリンク

クロスビーは運転しやすい?運転しにくい?

運転しやすいようです!

運転のしやすさについてのポイントをまとめました。

コンパクトなボディと広い車内空間

クロスビー インテリア

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

やはり小さな車体は運転のしやすさにおいて重要ですよね!

大きな車を運転したことがある方はご存知だと思いますが、車体が大きいと車庫入れや小道での運転など、色々な場面で大変だったり苦労したりすることが多いです。

イライラしてストレスを感じることもありますし、最悪、脱輪したり塀にボディをこすってしまったりと……

ですが、小さい車体なら車庫入れも簡単! 狭いスペースでもスイスイ駐車できます。小道でもイライラせずラクラク運転できます! そのうえ、車内は広いため乗り心地バツグンです!

よく回るエンジン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

車体が軽いうえに、パワーのあるエンジンなので良く加速するのでスイスイ発進できます!

上り坂でもパワーがあるため快適に登ることができます。また、高速道路でも余裕のある走りをします。

ターボエンジンなので、ターボラグがあると思いきや……モーターのアシストがあるためターボラグを感じることなく運転できるようです! 素晴らしい!

パワーがあるのならエンジン音がうるさいのかというと……

そうではありません! 静かな車内空間を楽しめるでしょう。

充実のコンピュータ制御

クロスビー 4WD走行モード

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

エンジンを高回転で維持することで実現する力強い走りのスポーツモード、エンジンのパワーを抑えて雪の道でのスムーズな発進と加速を補助してくれるスノーモードという2つのモードがあります。

山道などパワーが必要な時はスポーツモード、降雪地帯へ旅行や出張をするときにはスノーモードを使うなど、シーンに合わせたモードを選択すれば、より快適な走りができるでしょう。

また、ぬかるんだ地面やスリップしやすい路面での発信を補助してくれるグリップコントロール、ブレーキをドライバーが操作しなくても自動で速度を約7km/hにしてくれる下り坂などで使うヒルディセントコントロールがあります。

スポンサーリンク

クロスビーの安全性と自動ブレーキ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/safety/img/img04.gif

クロスビーには安全に運転するための機能がたくさんついています! 

上の写真は「スズキ セーフティ サポート」のラインナップです。

安全機能は「スズキ セーフティ サポート」として提供されており、上級グレードのハイブリッドMZでは標準装備されています。

ハイブリッドMZからのオプション追加も可能です。

安全に運転するための機能についてのポイントをまとめました。

車線逸脱警報機能

車線のはみ出しを予防する機能です。前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、音が鳴ってドライバーに車線をはみ出しそうになっていることを知らせます。対向車との正面衝突を防いでくれるでしょう。

つい余所見を見てしまい、車線をはみ出しそうになってしまったときにお知らせしてくれる、ありがたい機能です。

ふらつき警報機能

蛇行して走行していると、システムが「車がふらついている」と判断し、音が鳴ってドライバーにふらついていることを知らせます。

眠くなってふらついてしまったときなどに危険なことが起きないように予防してくれるでしょう。

先行車発進お知らせ機能

停車中に前を走っている車が先に行っているのに、自分の車が停車し続けたときに音や表示によって、ドライバーに前の車が発信していることを知らせます。これで後ろからクラクションを鳴らされることもなくなるでしょう。

ハイビームアシスト

ヘッドライトをハイビームにして走っているときに、対向車や前の車がいる状態で明るい場所を走ったとき、自動的にロービームにしてくれます。

逆に対向車や前の車がいない状態で暗い場所に入ったら自動的にハイビームに戻ります。

6他のドライバーに眩しい思いをさせなくて済みますし、いちいち面倒な切り替えをしなくて済みます! 明るい場所と暗い場所を行ったり来たりするような道を走るときにはとても便利です。

エマージェンシーストップシグナル

約55km/h以上で走っているときに急ブレーキをしたときに、ハザードランプが自動で点滅して、後ろを走っている車に急ブレーキをしたことを知らせます。

ヒルホールドコントロール

坂道発進をするときに、車が坂の傾斜で後ろへ下がることがないように、ブレーキペダルを離してアクセルペダルを踏むまでの一瞬の間、一時的にブレーキがかかり、安全に発進できます。

坂道発進をあまりしないような人や車に普段乗らないような人には嬉しい機能ですね。

全方位モニター用カメラ

駐車するときに、フロント、リヤ、左サイド、右サイドに設置されたカメラの映像を基に、車の真上から見ているような映像を映し出して、駐車のアシストをします。

駐車の苦手な人でもこれで安心です!

デュアルセンサーブレーキサポート

前を走る車や歩行者を衝突する恐れがあるとき、音やメーターの中にある表示によってドライバーに危険な状態であることをお知らせします。

また、強くブレーキをかけたときに、そのブレーキペダルを踏む力をアシストしてくれます。本当に衝突しそうになると、自動的にブレーキを強くかけて、衝突しないようにしてくれます。

誤発進抑制機能

前に壁のあるところ、例えば駐車場などでアクセルペダルを強く踏んだとき、エンジンの力を自動で抑えて、急な発進と加速を抑えてくれます。

アクセルとブレーキを踏み間違えたときなどに壁などに衝突するのを回避してくれます。最近、コンビニなどでアクセルとブレーキを踏み間違えて、店舗へ突っ込んでしまう事件が多くなりましたが、この機能があればそんな事件が減ることでしょう。

後退時ブレーキサポート

前進するときと同様に、バックするときにも壁などに衝突しないようにしてくれます。後方にある障害物にぶつかりそうになったときに、自動的にブレーキがかかり、衝突しにくくしてくれます。

駐車場など、見通しが悪く子供が歩いているようなところではこのサポート機能が役立つでしょう。

後方誤発進抑制機能

後ろに壁などの障害物があるのに後退しようとしたときに、エンジンの力を自動で抑えて、急に後退するのを防止してくれます。

このように、走行中だけでなく駐車中でも、クロスビーには安全にドライブするための多くの機能があります。

もちろん、うっかり○○してしまった……ということはあってはなりませんが、こういったアシスト機能があると安心してドライブできますよね。安心できるかどうかだけで、ドライブや生活の質は変わってくるので、こういった機能はとてもありがたいですね。

スポンサーリンク

クロスビーの横滑り防止機能

クロスビーにはESPという車両走行安定補助システムが搭載されています。

このシステムは、車についたセンサーによって走行をチェックし、エンジンやブレーキをコンピュータが制御し、安定した走行に貢献してくれるシステムです。

クロスビー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/styling

具体的には、カーブなどを走った時にタイヤがスリップしたり横滑りしたりするのを抑えてくれます。また、急ブレーキをしたときにタイヤがロックされてしまうのも抑えてくれます。

そんなシステムはあってもなくても同じ、と思う方がいるかもしれませんが、ドライブをしていて、急に大雨が降って路面の状態が悪くなってスリップしやすくなった状況を想像してみてください。

カーブを曲がっているときにタイヤが滑ってしまい、車のコントロールが効かなくなるなんてことは容易に想像できます。車体の安定性を向上させ、こういった恐ろしい状況になりにくくするのがこの横滑り防止機能なのです!

この横滑り防止機能のおかげで実際に事故が減少したという話もあり、あると無しでは安全性が全く違ってくるでしょう。

先にも述べた通り、こういった安全機能はドライブの安心を与えてくれます。安心してドライブできることでドライブするときの気分も良くなり、生活の質も良くなるでしょう。

スポンサーリンク

クロスビーの安全性 まとめ

いかがでしたでしょうか。

読んでの通り、スズキ・クロスビーに様々なシステムが組み込まれていて、ドライバーだけでなく近くを歩く人などまで安全な生活を与えてくれる素晴らしい車です。

車線逸脱警報機能やふらつき警報機能などの警報装置による安全性向上、ハイビームアシストやヒルホールドコントロールなどのアシストによる快適かつ安心したドライブ、スポーツモードやスノーモードなどのコンピュータ制御による状況に合わせたドライブ。スズキ・クロスビーには本当に色々なシステムが組み込まれています。

これだけのシステムが組み込まれていて、まさにいたせりつくせりです! それでいて、コンパクトな車体、広い車内、パワフルなエンジン……システム以外にもこれだけ嬉しい特徴を持った車となっています。

クロスビー 富士山

安全で乗りやすくて、山道でも雪道でもよく走るこの車はまさに家族でいろんなところにドライブするのにうってつけの車といえるでしょう!

この車で家族と旅行へ行けば、どんな道でもスイスイ走れますし、高速道路でもグイグイ走れるでしょう。

そのうえ、広い車内ではゆったりすることができて、ストレスなく楽しい旅行になるに違いありません! このスズキ・クロスビーで、家族と共によりよい生活を実現してみては?

クロスビーが値引き金額から、更に35万円安くなる裏ワザとは?

クロスビーがほしい!

クロスビーは、6速オートマ直噴ターボエンジンと低燃費のマイルドハイブリッドとの合わせ技でグンを抜く加速力を実現し、街乗り・高速・雪道走行も申し分ありません。

パドルシフトでミッション気分も味わえちゃいます。

クロスビーは、見た目はコンパクトでオシャレなのに、多彩なシートアレンジで車中泊もそつなくこなすニクイ奴。

でも、いざ買うとなると…

 

など、クロスビーの購入を検討しているけど悩みが尽きない...

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず無料一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず無料一括査定サイトを使う」 これが最初のステップです。

無料一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

そして、次のステップは
「査定を全て同じ日にまとめること」です。

査定を全て同じ日にまとめると、買取業者同志のさらなる競り合いが生まれ、高額査定につながるのです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもあったりします。

  • 下取りは無料一括査定サイトを使う
  • 査定日を全て同じ日にまとめる

この2つがポイントです。

とはいえ…


「申込むと電話が殺到するの?」
「どんな流れで売却されるの?」

など、車一括査定の疑問や不安もありますよね。
詳細をまとめましたので、まずはこちらをどうぞ♪

車一括査定が何者かわかったところで、ランキングをどうぞ!

無料一括査定の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 カーセンサー

買取業者数  1000社以上

大手業者数  7社

最大査定数  30社

業者選択   

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約2分

特徴

カーセンサーは買取業者数が圧倒的に多く、大手業者とも数多く提携しています。
でも、僕がいち押しの理由は買取業者との連絡を電話ではなく日時指定やメール希望にできる点です。

任意項目の連絡希望時間帯の欄にメール連絡希望と入力すればOK!

自分のペースで査定が行えるのはスゴイ魅力ですね。
他の一括査定業者でこれをやっているところは見たことがありません。
昔からCMも流れている老舗で、利用者数も12万人の安心感もあります。

ランキング2位 ユーカーパック(UcarPAC)

買取業者数  5000社以上

大手業者数  0社

最大査定数  

業者選択   ×

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約1分

特徴

イメージキャラクターとしてモデルのローザを起用しているユーカーパックは、カーオークション形式での一括査定です。
電話のやり取りも実査定もたったの1回だけで済むが最大の特徴。
提携業者数も5000社以上と非常に多いですが、大手業者との提携はありません。
オークション形式なので、買取業者と直接交渉ではきません(査定日も同じ日にまとめるという技も使えません)

でも、ディーラ下取りよりは高くなりやすいので、初めて買取サービスを利用する人や業者との電話が苦手な人にはおススメです。

ランキング3位 楽天オート

買取業者数  100社以上

大手業者数  7社

最大査定数  10社

業者選択   

利用者数   15万人(2016年)

申込時間   約3分

特徴

楽天オートはポイントが貰えます。
申込して5ポイント
成約したら1500ポイント
です。
どうせ同じような買取業者に査定依頼をするなら、ポイントがもらえた方がお得です。
15万人利用している楽天グループということも安心材料ですね。

※ここでの大手事業者は下記の7社としました。
ビッグモーター、ガリバー、ラビット、アップル、カーセブン、ユーポス、カーチス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る