クロスビーの2WD・4WDのメリット・デメリット!あなたはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

申込直後に殺到する買取業者の電話連絡を日時指定やメール希望にできるカーセンサーはこちら


スズキの新型コンパクトSUVクロスビーには2WDと4WDの2つのモデルがあります。

せっかくのSUVなら4WDを選ぶべき?いやいや2WDで十分?

購入を検討するにあたって悩んでいる方も多いと思います。

今回はそんな悩んでいる人にとって、2WDと4WDの選択の手助けになればいいなと思ってそれぞれの違いなどについて説明していこうと思います。

スポンサーリンク

クロスビーの2WDのメリット・デメリット

クロスビーの2WDのメリット・デメリットをご紹介します。

2WDのメリット

2WDのメリットは4WDに比べて 燃費が良いこと と、 収納スペースが大きくなること です。

燃費が良い

燃費はカタログスペックで4WDモデルが20.6km/Lなのに対して2WDモデルは22.0km/Lとわずかに上回っています。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

これは車重の違い(2WDが960kgに対して4WDは1000kg)と、4つの車輪を用いる4WDの方が駆動抵抗が大きくなるというのが原因だと思われます。

収納スペースが大きい

タンク容量も2WDが32L、4WDが30Lですので、航続可能距離は2WDモデルの方が少し長くなると思います。(予想では50㎞ほど)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

街乗りメインや、お出かけでも山道や雪道にあまり行かない人は2WDモデルでも良いかもしれません。

収納スペースの差はラゲッジ下の収納スペースに違いが出てきます。

2WDモデルは81Lありますが、4WDモデルは37Lと 倍以上の差 があります。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

これはラゲッジアンダーボックスの深さが違うためで、クロスビーの公式ホームページでは「ベビーカーを立ててクルマに積むのもOK」と謳っていますが、これは2WDモデルだけでしょう。

実際に私の乗っている4WDモデルのラゲッジアンダーボックスではそのようなことはできそうにありません。

荷物を積みたい人、ベビーカーを楽に積んでしまいたい人にはこちらの方が良さそうですね。

2WDのデメリット

2WDモデルのデメリットと呼べるほどのデメリットは思い浮かびませんが、4WDと違って 走行モードを選んだりできません。

関東平野部などの雪などは2WDでもスタッドレスタイヤを履いていれば対応できますが、 雪国などではどうなのかな? という点は疑問が残ります。

スポーツモードでのキビキビした走りを楽しみたい、アウトドアで使用するときにぬかるんだ道や雪道で車からのアシストを受けたいという人には4WDモデルの方が良いでしょう。

スポンサーリンク

クロスビーの4WDのメリット・デメリット

クロスビーの4WDのメリット・デメリットをご紹介します。

4WDのメリット

4WDモデルのメリットは何といっても 走行モードを選べる というところだと思います。

クロスビー 4WD走行モード

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

4WD走行モード
  • スポーツモード

    スポーツモードはエンジン回転数を高めにキープすることで、パワフルでスポーティーな走りを実現します。

  • スノーモード

    スノーモードは必要以上のエンジントルクを抑制し、タイヤの空転を抑えることで、雪道やアイスバーンでのスムーズな発進・加速をサポートします。

  • グリップモード

    グリップモードはタイヤの空転が発生した車輪のブレーキ制御を早めかつ強くすることで、ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートします。

  • ヒルディセントコントロール

    ヒルディセントコントロールはブレーキ操作をしなくても自動的に車速を約7km/hにコントロールすることで、急な下り坂で車速を制御します。

それぞれのモードの説明を聞くだけで、4WDが様々な条件下での走行に対応できるようにされていることがわかります。

今のところスポーツモードしか試していませんが、確かにギアを変える回転数が少し高めになり、マニュアルモード付パドルシフトを合わせるとなんとなくスポーツ走行をしているような感覚になります。

スノーモードは以前に乗っていたインプレッサにもついていましたが、積雪時に発進するとき、 タイヤの空転が抑えられる と感じました。

クロスビーのスノーモードにも同じ効果を期待することができると思います。

4WD、スタッドレスタイヤ、スノーモードの組み合わせで雪道がどれだけ走れるのか今から楽しみです。

4WDのデメリット

4WDのデメリットは何といっても 燃費が悪くなる ということに尽きます。

街乗りで4WDの加速は必要ではありませんし、普段使いで燃費が悪いというのは大きなデメリットだと思います。

燃料タンクも2WDモデルに比べて2L小さいので 航続距離が短くなってしまう というのも考えものですね。

コンパクトカーというジャンルに入っているので、燃費の良しあしというのは車を選ぶ際に重要視している人も多いと思うので、ここが4WDモデル最大の難点です。

スポンサーリンク

クロスビーで街乗りはやっぱり2WD?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

普段クロスビーを運転していて、通勤などの街乗りで4WDの必要性を感じるのか?と聞かれれば答えはノーです。

おそらく 2WDで十分 だと思いますし、むしろ4WDでは燃費が悪いので街乗りがほぼメインという人は2WDがベストチョイスと言えるでしょう。

前述したように、冬場でも関東平野部などの年に何回あるかというような雪でもスタッドレスタイヤさえ履いていればだいたいなんとかなります。

毎年大変なことになっているのはスタッドレスタイヤを履いてない人がいっぱいいるからです。

厳冬期の北海道でも運転したことがありますが、4WDでスタッドレスタイヤを履いていても、ブラックアイスバーンなどでは 滑るときは滑ります ので、4WDであるということだけではどこまで街乗りでアドバンテージがあるのかはわかりません。

燃費、航続可能距離、積載力を考えると 街乗りメインの人には2WD モデルをおススメします。

お値段も130,000円以上変わってくるということもありますので、4WDであることのメリットを感じにくい人にはなおさらだと思います。

スポンサーリンク

クロスビーで冬のスキー・スノボ!雪道・山道はやっぱり4WD?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/xbee

さて、2WDモデルをおススメする際の文章では4WDは不要なんじゃないか?というくらいの勢いで書きましたが、実際はどうなのでしょうか?

まず4WDを選ぶ人というのは、それが必要な場面で乗ることが想定される人だと思います。

アウトドアが好きだったり、雪深い地域に住んでいたり、ウィンタースポーツが好きだったりといった人たちですね。

4WDはまずそういった場面で 気持ちに余裕 を与えてくれます。

2WDで「大丈夫かな?行けるかな?」と不安に思うよりも「4WDだから行けるでしょ!」という余裕があることは、落ち着いた運転が求められるところで運転に集中できるというメリットがあります。

また、走行モードの選択という 車からのアシスト が入るので、ダートや雪道などでは4WDによる恩恵は大きいと思います。

積雪時の発進で何も考えずにアクセルを踏み込むと全然前に進まないというのは雪道で2WDの車を運転したことがある人にはわかると思いますが、スノーモードではタイヤの空転を抑えるように介入してくれるのでそういったことがかなり減るのではないかと思います。

クロスビー購入からはフラットダートくらいでしか4WDのありがたみを実感できてないので、この冬はスタッドレスタイヤを履いて雪深い地域に出かけてみたいと思います。

スポンサーリンク

クロスビーの2WD・4WD まとめ!

2WD、4WDそれぞれのメリット・デメリットを書いてみましたがどうだったでしょうか?

自分で書きながら、これだと4WDを選ぶ人少なくなりそうだなぁ…と思ってしまいましたが、4WD良いですよ!

4WDであるという安心感から出先でのちょっとしたダートにもガンガン入っていけていますし、そういうときのワクワク感というか冒険している感じがたまらなく楽しいです。

先日キャンプに行ったとき、天気が悪くてキャンプサイトがかなりぬかるんでいたんですが、グリップコントロールモードのおかげでタイヤが空転することはほとんどありませんでした。(タイヤがエコピアなので滑りはしていましたが…)

私みたいにアウトドアを天候を選ばずに楽しみたい!という人には、4WDモデルの方を強くおススメしたいと思います。

もちろん、燃費や積載力などを考えると2WDを選ぶことのメリットも大きいので、あとは自分の使い方と環境、そして好みで決めてもらえればと思います。

クロスビーが値引き金額から、更に35万円安くなる裏ワザとは?

クロスビーがほしい!

クロスビーは、6速オートマ直噴ターボエンジンと低燃費のマイルドハイブリッドとの合わせ技でグンを抜く加速力を実現し、街乗り・高速・雪道走行も申し分ありません。

パドルシフトでミッション気分も味わえちゃいます。

クロスビーは、見た目はコンパクトでオシャレなのに、多彩なシートアレンジで車中泊もそつなくこなすニクイ奴。

でも、いざ買うとなると…

 

など、クロスビーの購入を検討しているけど悩みが尽きない...

そんなあなたにオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず無料一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず無料一括査定サイトを使う」 これが最初のステップです。

無料一括査定サイトを使うことで、買取業者があなたの車の査定額を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

そして、次のステップは
「査定を全て同じ日にまとめること」です。

査定を全て同じ日にまとめると、買取業者同志のさらなる競り合いが生まれ、高額査定につながるのです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもあったりします。

  • 下取りは無料一括査定サイトを使う
  • 査定日を全て同じ日にまとめる

この2つがポイントです。

とはいえ…


「申込むと電話が殺到するの?」
「どんな流れで売却されるの?」

など、車一括査定の疑問や不安もありますよね。
詳細をまとめましたので、まずはこちらをどうぞ♪

車一括査定が何者かわかったところで、ランキングをどうぞ!

無料一括査定の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 カーセンサー

買取業者数  1000社以上

大手業者数  7社

最大査定数  30社

業者選択   

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約2分

特徴

カーセンサーは買取業者数が圧倒的に多く、大手業者とも数多く提携しています。
でも、僕がいち押しの理由は買取業者との連絡を電話ではなく日時指定やメール希望にできる点です。

任意項目の連絡希望時間帯の欄にメール連絡希望と入力すればOK!

自分のペースで査定が行えるのはスゴイ魅力ですね。
他の一括査定業者でこれをやっているところは見たことがありません。
昔からCMも流れている老舗で、利用者数も12万人の安心感もあります。

ランキング2位 ユーカーパック(UcarPAC)

買取業者数  5000社以上

大手業者数  0社

最大査定数  

業者選択   ×

利用者数   12万人(2016年)

申込時間   約1分

特徴

イメージキャラクターとしてモデルのローザを起用しているユーカーパックは、カーオークション形式での一括査定です。
電話のやり取りも実査定もたったの1回だけで済むが最大の特徴。
提携業者数も5000社以上と非常に多いですが、大手業者との提携はありません。
オークション形式なので、買取業者と直接交渉ではきません(査定日も同じ日にまとめるという技も使えません)

でも、ディーラ下取りよりは高くなりやすいので、初めて買取サービスを利用する人や業者との電話が苦手な人にはおススメです。

ランキング3位 楽天オート

買取業者数  100社以上

大手業者数  7社

最大査定数  10社

業者選択   

利用者数   15万人(2016年)

申込時間   約3分

特徴

楽天オートはポイントが貰えます。
申込して5ポイント
成約したら1500ポイント
です。
どうせ同じような買取業者に査定依頼をするなら、ポイントがもらえた方がお得です。
15万人利用している楽天グループということも安心材料ですね。

※ここでの大手事業者は下記の7社としました。
ビッグモーター、ガリバー、ラビット、アップル、カーセブン、ユーポス、カーチス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る